« Tai-chi(太極拳)グループのみんなによる送別会 | トップページ | 僕のサンフランシスコファミリー »

一人の人間の中でのバランス

先週の日曜日、Pacific Instituteの創設者で、CEOでもあるNaderから、
彼の自宅に夕食に招かれた。お別れ会を兼ねて、と言うことだった。
Dsc02262

Naderが僕を気に入ってくれているのは知っていた。
同時に、僕は、彼が典型的なアントレプレナー気質で、一緒に働くのはとても
難しい人間であることも知っていた。


僕は、Pacific Instituteで素晴らしい経験を積むことが出来た。
それは間違いない。


しかし、


良くあることなのだが、Pacific Instituteは事業を急拡大しているために、
マネジメントと人材の育成が追い付いていない。


スタッフに彼の素晴らしいVisionとPhilosophyが共有されていない。


Naderが気づいていないか、あるいは、彼が直面することを避けて
無いことにしてしまっている問題のせいで、現場が混乱している。


僕は、ほとんど毎日、Pacific Instituteを訪れていたこともあって、
レジデントの家族や、Caregiverからたくさん意見を聞いていた。
もちろん、僕自身が思うところもたくさんあった。


2人のSupervisorからは、こう言われていた。


「TJが見て、感じた問題点は彼に伝えるべきだわ。レジデントの為に。
あなたはものすごく評判が良いから、彼も耳を貸すと思うの」


そのディナーには、彼の奥さんとその姪、Naderの母親と、
Naderの妹でpacific InstituteのディレクターでもあるElkeも一緒だった。


その場がラストチャンスかもしれなかったのだが、
笑いの絶えない和やかな雰囲気で、仕事の話をする空気でもなかった。


というわけで、僕は本来の趣旨に則った、とても楽しい時間を過ごした。


ドイツ人とイラン人のハーフで、アメリカで育ったNader。


MFTの資格を持ったセラピストであり、同時に、ドイツ文学の博士でもある。
物事の本質を考えぬく力、独自のビジョンと描き、それに向かって物事を前に
進める力は圧倒的だ。


でも…、


周りに人材が集まらない。皆、離れていく。


カリスマティックな魅力があるのに、自分が一番でないと気が済まない
ナルシシズム的なあり方が、彼の周りから人を遠ざけてしまうのだろう。


意見が衝突すると、相手を徹底的にやりこめてしまう。
周囲はそれを見ているから、萎縮してしまう。
意見を言わなくなってしまう。


いま、僕には、彼の周りにはイエスマンしかいないように見える。


僕は、そのディナーの場で、Naderから週明けの木曜日に行われる
彼の講演会に誘われた。Castro Valleyにある病院で催される大きなイベントだった。


木曜日の朝、彼が運転する車に乗って、僕は会場に向かった。


彼のスピーチは、聴衆のハートをあっと言う間に掴んだ。
Dsc02429

Visionを語る彼は、とてもパワフルだ。
Dsc02454

Naderが語る理想と、Naderが経営するPacific Instituteの実際は違うんじゃないか。
彼をそう批判するのは簡単だ。


でも…、


高い理想を持ち、その理想を社会に向けて語る勇気を持つ人が極端に少ないのが、
今の世の中ではないだろうか。


Naderを見ていて、いつも思う。


優れた哲学者であると同時に、優れた実践者であることは、とても難しい。
優れた起業家であると同時に、優れた経営者であることは、とても難しい。
強くあると同時に、自分の弱さを認め、それを受け入れ続けることは難しい。
幅広い心理学の知識を持ちながらも、それらを自らに当てはめて考えることは難しい。


すべては、バランスなのだろうけれども。

|

« Tai-chi(太極拳)グループのみんなによる送別会 | トップページ | 僕のサンフランシスコファミリー »

Practicum/Pacific Institute」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人の人間の中でのバランス:

« Tai-chi(太極拳)グループのみんなによる送別会 | トップページ | 僕のサンフランシスコファミリー »