« Helgeとの最後のセッション | トップページ | アフリカンアメリカンならではのカルチャー »

CIISの友人とのお別れ会

CIISで知り合った日本人留学生のMさんとNさんは、僕よりも1セメスター先輩に当たる。
昨年の6月に2人ともCIISを卒業して、2人とも、それまで付き合っていたアメリカ人の
ボーイフレンドと結婚をした。


彼女たちは、しばしばパーティを催してくれて、僕もそれに招かれたので、
みんなと仲良くなった。


Mさんが先週の土曜日にお別れ会を企画してくれた。
Dsc01878


今週の木曜日に、今度はNさんがお別れ会を企画してくれた。
Dsc01904

MさんもNさんも、夫となったアメリカ人たちも、その都度集まってくれた。


MさんのパートナーであるJonからは、こう憎まれ口を叩かれた。
彼はとてもスマートで社交的で弁の立つナイスガイだ。


「ヘイ、TJ、俺たちはお前の為にいったい何回集まれば良いんだ。アッハッハ。
俺たちは、お前のことが本当に好きなんだよ。気づいていたかい?」


感謝の気持ちでいっぱいだ。


今週末からは、Pacific Instituteの新旧インターンたちが企画してくれている
送別会が続く。


あと2週間でアメリカを発つことになるのが信じられない。


僕のサンフランシスコ・デイズも終わりが近づいている。
それは、3年間書き続けてきたこのブログとのお別れでもある。


まだ実感が無い。

|

« Helgeとの最後のセッション | トップページ | アフリカンアメリカンならではのカルチャー »

CIIS/Graduate School life」カテゴリの記事

コメント

ファシリテーションに興味があり、好きなファシリテーターさんがCIISの卒業生ということもあり、CIISについて調べていると、TJさんのブログにたどり着きました。ついつい惹きつけられ、すっかりファンになってしまいました。TJさんのブログを拝読すると、どんなに嫌なことがあっても、不思議と読み終えた後には前向きな気持になってしまっていて、きっとTJさんの人間性の深さがそうさせてくれてるんだなと、いつかファンレターを書こうと思っていました(笑)。ブログともおわかれとの文を読み、読者としては、是非続けて下さいと、おねだりしたいくらいです。その気持が抑えられず、ついコメントしてしまいました。

Pacific Instituteでのインターンの記事からも、本当に多くのことを学ばせていただき、考えさせられました。漠然と、おじいちゃん・おばあちゃんはすごいなーと思っていた私ですが、そこにしっかりと斬り込んでいかれていたTJさんの着眼には感服しました。私の大好きな子育ての大先生も、Lake Meritの近くのホテルを改造した施設(といったらいいのでしょうか?)に引っ越したところだったというのもあり、そのことについて出てきたときには驚きました。TJさんのような素敵なインターンにも囲まれていることをしり、よかったとほっとしたことを思い出します。

サンフランシスコディズ、本当に良かったですね。TJさんがサンフランシスコに残してくださったものは、同じ日本人としても、なんだかとても嬉しいです。

きっと、これからの人生も色んないいことがありそうですね!応援しています。そして、いつもありがとうございました。これからも楽しみにしています:)

投稿: あやこ | 2011年1月16日 (日) 22時54分

あやこさん、はじめまして。素敵なメッセージをどうもありがとうございます。僕の日々が、少しでも何かのお役に立てていると知って、嬉しい限りです。それにしても…、AgeSongのLake Meritとは、すごい偶然ですね 笑。

あやこさんが書いてくれた、僕がサンフランシスコに残したものを、同じ日本人として嬉しく思う、というメッセージ、そういう見方をしたことが無かったので、とても、光栄に、ありがたく思いました。

サンフランシスコでしばしば感じていたのですけど、日本人に良い印象を持っているアメリカ人はけっこう多くて、僕は、ずいぶん良くしてもらいました。そういう人たちは、親しい日本人の友人がいたり、過去に日本を訪れた時に、見知らぬ日本人に親切にされたりとか、そういう体験があるのでしょうけど…、そう言う時、僕は、日本人の先輩たちが少しずつ積み重ねて来てくれた信頼の恩恵に与っているんだなと、感謝していました。ちょっと古い考え方かもしれないですけど 笑。

もし、僕自身が、その恩恵を受け取るだけでは無くて、しっかりと横に、後ろに引き継ぐことが出来たのであれば、僕はとても嬉しく思います。

あやこさん、改めて、メッセージをどうもありがとうございます。

こちらこそ、今後とも、どうぞよろしくお願いします!

投稿: TJ | 2011年1月22日 (土) 06時00分

TJさん、

コメントにお返事くださり、本当にありがとうございます。とっても嬉しかったです。確実にTJさんは日本人への良いイメージをサンフランシスコに残してくださったと思います。本当にありがとうございます。

そして、世界への旅、会社やご両親と向き合われた上での出発と、本当にかっこいいです。そんな風にTJさんの背中を押してくれたサンフランシスコディズに、なんだか私からも感謝の気持ちが湧いてきます:)。

楽しみですね。くれぐれもお体に気をつけて、いい出会いにたくさん恵まれますように☆。応援しています。

投稿: あやこ | 2011年3月 8日 (火) 22時22分

あやこさん、ありがとうございます。きっとあやこさんの方こそ、日本人の素敵なイメージを広げていらっしゃる方なのでしょうね。

世界に向けての旅は、まだ、興奮よりも不安の方が大きいのですが、Slow、Simple、Safe、そして、出来ることならStylishに、出会いを楽しみ、地球を味わってこようと思います。

いつかお目にかかれるといいですね。
サンフランシスコデイズがくれたご縁に感謝をしています。

引き続き、どうぞよろしくお願いします。

投稿: TJ | 2011年3月 9日 (水) 00時13分

Stylishというのがまた素敵ですね。同行させていただきたいくらいです(笑)。私も、いつかお会いできること、とても楽しみにしております。その日まで、Good luck☆

投稿: あやこ | 2011年3月10日 (木) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CIISの友人とのお別れ会:

« Helgeとの最後のセッション | トップページ | アフリカンアメリカンならではのカルチャー »