« 衰えと成長と変化 | トップページ | Happy ChristmasとHappy Hanukkah »

CIIS最後のクラス

Dsc01456
今週の木曜日、僕がこのFall Semesterに履修していた
Integrative Seminarが終了した。少人数のゼミナール形式のクラスだ。


同時にそれは、僕がCIISで履修する最後のクラスでもあった。


まだ提出するPaperが残っているものの、卒業に必要なすべてのクラスを
履修し終えたことになる。


最後のクラス…。


僕の生活の中心は、CIISからプラクティカム先のPacific Instituteに移っていたし、
別に何の感慨もないだろうと思っていたのだけど…、


クラスの最初にいつも行うチェックインの時間に話をしたら、
不覚にも涙が出てきた。


いや、正確には、出てきそうになった。
危うくこらえたのだけど。


この3年間、自分を掘り下げるプロセスだらけのCIISのクラスを履修し続けたにも
関わらず、結局、僕はクラスで泣くことはなかったと、実は残念に思っていたので、
ギリギリに少しだけ達成できたことを恥ずかしく、同時に嬉しく思った。


クラスでは、一人ひとりが思い出の品を一つずつ持ち寄りシェアをし、
卒業に関してこれまで支援してくれた人への感謝の意を述べた。


そして、クラスメート一人ひとりに配られたカードにメッセージを書いて、
交換した。


残りの時間は、ポトラックパーティだった。
教室で、料理とワインと会話を楽しんだ。


クラスメートの中に、2年前にグループダイナミクスのクラスで一緒だった女性がいる。
とても優秀な女性で、きっと素晴らしいセラピストになるだろうと僕は確信している。


その彼女が僕に言った。


「この3年間でね、実は私が一番影響を受けたのは、TJ、あなたよ。
あなたから受けた影響のことなら、私はたくさん話せるわ。


特に、心に残っているのはね、あなたからもらったフィードバック。


あなたは私にこう言ったの。


“Anne、あなたを例えると、Round Smooth Rockだ。表面がすべすべしていて、
とてもきれいな岩なのだけど、誰も登ることが出来ない”


すると、隣に座っていた気の強いお調子者のMarieが、
TJに尋ねたわよね。


“あら、面白い!じゃあ、私は何?”


あなたはこう応えたわ。


“Marieは、ゴツゴツしたでこぼこの岩だよ。見た目は悪いんだけど、
誰でも登ることができる”


皆が、その通りだと大笑いしたわよね。


でね、私は、あれ以来、“Round Smooth Rock”の意味を
ずっと考え続けているの。


良くも悪くも、自分自身の本質をこのぐらい見事に表現してくれている
メタファーはないと思ったから…。


このセメスターに履修している別のクラスで、私はそのことについて、
ファイナルペーパーを書いたのよ」


過去、2つのクラスで一緒になったことのあるJonathanからはこう言われた。


「TJ、君の話す言葉は力があるんだ。気づいていたかい?
英語はTJにとって第二外国語なのに不思議だよね。


口から出る言葉が…、自ずと詩になっているんだ。
だから、魅せられるし、とても考えさせられるんだ」


僕の英語がイマイチだから詩みたいに聞えるんじゃないか、
と勘ぐってみたけれど、最後のクラスと言うおめでたい場でもあるし、
嬉しくそのまま受け取った。


3年前を思い出した。


僕はクラスで何が議論されているのかまったくわからなかった。
2人組、3人組のロールプレイがたくさんあるクラスで、英語の聞き取れない自分を、
話せない自分を情けなく思うとともに、クラスメートに対していつも申し訳なく思っていた。


あれから、3年間…。


僕はここアメリカで、影響を受けるだけでなく、影響を与えていた。
気づかないうちに、たくさんのクラスメートに影響を与えていた。


僕は、CIISが与えてくれた時間と経験に感謝し、
それを通り抜けてきた自分を誇りに思った。
Dsc01465

|

« 衰えと成長と変化 | トップページ | Happy ChristmasとHappy Hanukkah »

CIIS/Graduate School life」カテゴリの記事

コメント

おめでとう!
いや、まだ期間は残っているんだろうけれど
涙や、クラスメイトからの言葉や、いろいろなことにね。

さてTJ君がそちらでがんばっていた3年間の自分を振り返るとだめすぎて頭抱えちゃうわ。

投稿: 拓 | 2010年12月13日 (月) 11時23分

おめでとうございます。時どき、サイトをみてました。カリフォルニアに残ってみるのもいいかもしれませんね。ほとんど行き違いで、ITPを卒業して僕は日本にかえってきました。いつかあえるといいですね。RB

投稿: rice | 2010年12月15日 (水) 14時11分

おめでとうございます!
とりあえず一区切り、お疲れ様でした!

でも旅はまだまだこれからのようなので、期待してます

投稿: かず | 2010年12月16日 (木) 00時51分

拓へ、
メッセージをありがとう。
先ほど、ようやく最後のペーパーを終えたところなんだ。せいせいたよ。次のステージに向けて考えないといけないことはたくさんあるんだけど、少し、気分を解放させようと思うよ。

投稿: TJ | 2010年12月18日 (土) 06時55分

riceさん、はじめまして。メッセージをどうもありがとうございます。ブログも読んで頂いていたそうで、嬉しいです。
ITPを卒業されて今は日本なのですね。セラピストとしてご活躍されているのでしょうか。アメリカで学んだことを、日本でどう応用するのか、とても興味があるところです。いつかお目にかかれれる日を心から楽しみにしています。

投稿: TJ | 2010年12月18日 (土) 06時58分

かずへ、
ご無沙汰しています。おかげさまで、一区切りです。来月、アパートも引き払います。CIISのあの日々が、いま、カズの中でどういう意味を持つようになっているのか、興味のあるところです。再会を楽しみにしているよ!!!

投稿: TJ | 2010年12月18日 (土) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CIIS最後のクラス:

« 衰えと成長と変化 | トップページ | Happy ChristmasとHappy Hanukkah »