« ニューヨークに行く | トップページ | 自由の背中 »

グローバルリーダーとは何か

Dsc08747
僕が日本で務めていた会社の仲間がNYにいる。
彼は現在、NYオフィスを立ち上げ、そこの責任者をしている。


早朝、空港から彼にテキストメールを打ったら、すぐ返信の電話がかかってきた。
ちょうど、仕事で徹夜明けで今から寝るところだったと。


早速、会おうという話になった。


Park Avenue沿いの一等地にあるオフィスを案内してもらい、
NYの街を案内してもらった。


その間、僕たちはずっと仕事関連の話をしていた。
仕事の話とは、アメリカでグローバルリーダーの育成、あるいは、
コーチングビジネスをどう展開していくかということだ。


日系企業を対象にサービスを展開しようと思ったら、壁は二つある。


一つは、日系企業では、予算の決定権は日本の本社が握っているケースが
大半ということだ。つまり、NYだけで話がまとまらないので、日本の本社を
巻き込む必要が出てくる。


もう一つは、グローバル教育を行おうとする場合に、
地域平等主義の壁が立ちはだかるということだ。つまり、北米だけに
教育を施すわけにはいかないので、南米でもヨーロッパでも、
アジアでも平等に、という話になってしまう。


いずれも、実施までにかなりの調整が必要になる。


日系企業のみを相手にしている限り、早晩、ビジネスの展開に限界が見えてくるのは
明らかではないだろうか。


そもそも、日本のマーケットは、今後、縮小していく一方だ。
だから、視線を世界に向けることが必要になるのだが、向けた視線の先が
日系企業と言うのであれば、そこに開かれた未来を見ることはなかなか難しい。


すると、いずれアメリカの現地企業に打って出ることが必要になる。


ここから、僕たちの話は色々展開した。


その方向を目指そうとすると、人材の壁が立ちはだかる。


アメリカ人と対等に英語で交渉ができる日本人はどこにいるのか。


英語が出来るというだけでは不十分だ。
アメリカ企業のニーズが何かを把握し、問題を解決するための商品・サービスを開発する
必要が出てくる。英語を話す能力に加えて、創造的な仕事をする能力が必要になる。


そういうアメリカ人を雇えば済むと言う単純な問題でもない。
そもそも、上に描いたような人材は、アメリカ企業でも引く手あまただ。
わざわざ日系企業に就職先を求めないだろう。


それに、外部から即戦力の人材を調達するのみで、人材の内製化ができないのであれば、
ノウハウはその外部人材に蓄積はされても、組織に蓄積されない。
長期的に見て、デメリットが多い。


だから、どうすれば、そのような人材を育てることが出来るのか、
それが重要になる。それが、ビジネスの種になる。


海外で現地のニーズを把握し、現地の市場を切り開いていける日本人。
海外で現地の人と関係を結び、現地の人をマネジメントしていける日本人。
できることなら、日本の文化や伝統の素晴らしさを現地で広めていける
人材であれば、なお素晴らしい。


グローバルな舞台で力を発揮できる日本人。
そう言う日本人なら、きっと日本で仕事をさせても優秀なのだろう。


いや…、どうだろう。
本当にそうなのか、ちょっと立ち止まって考えてみる必要があるかもしれない。


「海外で活躍できる人材」と「日本で活躍できる人材」。


僕たちは、この2つを同じクオリティと考えているだろうか。
それとも、まったく別物だと考えているのだろうか。


どうも、グローバルリーダー、グローバル教育とは、
「海外で活躍できる人材」=「日本で活躍できる人材」という図式が
成り立たっていないからこそ生まれた言葉のような気がするのだけど…。


僕たちは、日本の優れたリーダーが、海外で必ずしも通用するとは限らないと
考えているんじゃないだろうか。


あるいは、海外の優れたリーダーが必ずしも日本で通用するとは
限らないと考えているんじゃないだろうか。


だから、日本でも海外でも通用するグローバルリーダーが必要と考えるのだ。
グローバルリーダーとは、日本でも、アメリカでも、ヨーロッパでも、
南米でも、アフリカでも、等しく効果的なリーダーシップを発揮できる人材のことだ。


ところが、この前提に立つならば、その逆も然りでないとおかしい。
つまり、日本で通用している優れたリーダーには、グローバルでも成功できるリーダーの
要素があるだろうし、アメリカで通用している優れたリーダーにも、グローバルで成功できる
要素があるはずだ。


では、いったいその共通項は何なのか。そして、相違点はどこなのか。


成功者をモデリングしている多くのリーダーシップ論を見ると、
グローバルリーダーになるためには、神様、あるいは聖人のような
人格者を目指すか、あるいは、権力を完全に掌握して結果を出し続ける
超トップダウンの辣腕ヘッドになるか、そのどちらしかないような気がして、
リアリティの無い机上の空論のように聞えてしまう。


いや、


まったく逆で、そもそもグローバルリーダーなんて
存在しないのかもしれない。実は、国際人が存在しないように。


グローバルと言う言葉は、何かを「一般化・普遍化」するための言葉だ。


だから、グローバルリーダーシップとは、本来は、世界のどこでも通用する
リーダーシップのことを指しているのだろうけど、実際には、アメリカ人には、
アメリカ的なリーダーシップが必要になるし、
ドイツ人には、ドイツ的なリーダーシップが必要になるし、
日本人には日本的なリーダーシップが必要になるはずだ。


それぞれの国や文化では、まったく違うスタイルのリーダーシップが必要になるのだ。


一つの国や地域で成功しているリーダーシップは、他の国や地域へ単純に
あてはめることができるようなものではない。リーダーシップが発揮されている前提条件、
つまり、場のカルチャーが違うのだから。


それを無視して、あたかも普遍的なリーダーシップのスタイルがあるかのように謳う
グローバルリーダーシップは、人間や国の多様性を無視した非現実的な
コンセプトだと言えないだろうか。


いかなる国や文化にもダイレクトにあてはまる経営学や心理学は存在しないはずなのに、
いかなる国や文化にもあてはまるリーダーシップがあるかのように考えるのは、
どうなのだろう。


グローバルなんて言葉を取っ払って、リーダーシップを考えた方が、
よっぽど具体的で、すっきりするような気もする。


アメリカ人らしいリーダーシップとは何か。
日本人らしいリーダーシップとは何か。
ドイツ人らしいリーダーシップとは何か。
インド人らしいリーダーシップとは何か。
中国人らしいリーダーシップとは何か。
あなたらしいリーダーシップとは何か。


…。


グローバルリーダーとは何か。
僕たちは、このテーマについて、もっともっと正面切って話していった方が
良いのだろう。堂々巡りでもいいから。
27_11_03_40

|

« ニューヨークに行く | トップページ | 自由の背中 »

Traveling/Hiking/Cycling」カテゴリの記事

コメント

グローバルリーダーは普遍の象徴ということなのか・・・。自分には思いつきませんでした。
自分ももう少し冷静に               グローバル / リーダー   の二つとして思索するか、             グローバルリーダー      
のひとつで思索するか、よく考えてみようと思います。

投稿: バクゥ | 2012年3月19日 (月) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グローバルリーダーとは何か:

« ニューヨークに行く | トップページ | 自由の背中 »