« Big Basin Redwoods State Park | トップページ | Family TherapyとIndividual Therapy »

高度経済成長時代の生きざまに触れる

先月参加したサンフランシスコ三田会でお目にかかった
慶応の大先輩K氏のご自宅にお邪魔してきました。
(K氏の正体がバレないように?、逆光の写真を使ってみました)
P3090023_2










財閥系一流企業の元商社マンで、現在、貿易コンサルティング会社の経営者。
アメリカ生活30年。本当に気さくで飾らないお人柄。サンフランシスコ三田会の顔と
言われている名士です。


実は、先の三田会ではお話しする時間もなく、残念に思ったので、
「宜しかったらお話を聞かせて頂けませんか?」と後からメールを
打ったのでした。


その時、当日、同じテーブルだった「自称おやじキラー」M女史と、
同じく「自称おやじキラー」Y女史の二人のBeautiesにも声を掛けていました。
本当に自称通りなら、確度が高まるかなと思って。
(まさにその通りでした!)


当日は、K氏行きつけのイタリアンレストランで、Mummの
赤ワインを飲みながら、楽しいひと時を過ごしました。


その時の話から、K氏は実はクリントン元大統領がアーカンソー州知事の頃からの
昵懇の間柄で、その後の大統領選挙も傍で支えていたという有名な経歴の方だと、
知りました。


お昼のあとは、Embarcaderoの高層ビルディングにあるご自宅に
お邪魔し、お茶とデザート三昧。奥さまも交えて、時間の経つのも忘れて、
再び話を伺いました。それにしても、ベランダからの眺めが……。
P3090020_2










K氏は高度経済成長時代を全力疾走してきた世代。
僕はバブルをぎりぎり知らない世代で、
後輩のM女史Y女史は就職氷河期世代。


それぞれ、経験してきた「日本」が違う…。


もともとパワフルな二人が、さらにパワフルなK氏の話を聞いて、
「日本に、会社を使って無限の可能性を追求できて、何でも実現できるんだと
自分を純粋に信じて働けた時代があったんだなと知って、日本人としての
プライドを確認できたような気がします」
と言っていたのが印象的だった。


ちなみに、二人のBeautiesの苗字は外国姓。
日本を飛び出て、現地の企業で働きながら、十二分に逞しく、しなやかに、
美しく生きている。


ああ…、ふと思った。


僕は今、自分の思ってもいなかったところで、狭い枠の発想をしていないだろうか。
未来の生き方も、保守的に縮こまろうとしていないだろうか。
P3090014_4











(Beautiesの年齢がバレないように?、ピンボケ写真を使ってみました)

|

« Big Basin Redwoods State Park | トップページ | Family TherapyとIndividual Therapy »

San Francisco Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高度経済成長時代の生きざまに触れる:

« Big Basin Redwoods State Park | トップページ | Family TherapyとIndividual Therapy »